軽減税率

軽減税率

① 飲食料品(人の飲用又は食用)の譲渡8%

食品表示法に規定する食品,テイクアウト,持ち帰り,出前,宅配,飲食店のお土産,テイクアウトしますと告げる,貼り紙による対応で,申し出のないものについて原則軽減税率で販売8%

(酒類)10%


(外食,ケータリング・出張料理等,医薬品,店内飲食,コンビニ等のイートインコーナーでの飲食)店内で 食べますと告げる 10%

① 飲食設備(テーブル、椅子、カウンター等の飲食に用いられる設備)のある場所において
② 顧客に飲食させるサービス10%


② 定期購読契約が締結された週2回以上発行される新聞の譲渡8%

消費税収の使途の明確化

消費税の収入については、

毎年度、制度として確立された

年金、医療及び介護の社会保障給付

並びに少子化に対処するための施策に要する経費に充てるものとする

納税猶予適用後のリスク

以下の要件を最低満たさないと猶予が認められず,納税が発生します

申告期限までに都道府県知事から認定を受けることが必要

相続税・贈与税の期限内申告が要件

税務署に担保の提供が必要

申告期限から5年間は、事業を継続することが必要

後継者は猶予対象株式等を全部継続して保有することが必要

後継者は代表者をやめることはできない

同族関係者で50%超を保有し続け、

かつ後継者は同族関係者の中で筆頭株主である必要がある

 


 

将来の,売却額や廃業時

の評価額を基に納税額を計算し、

承継時の株価を基に計算された納税額との差額を減免。


経営環境の変化

○5年間で平均8割以上の雇用要件を未達成の場合でも、

猶予を継続可能に

経営悪化等が理由の場合、認定支援機関の指導助言が必要

堤友幸税理士事務所は認定支援機関です

お気軽にご相談下さい。