区分所有建物登記がされていない2世帯住宅

区分所有建物登記がされていない2世帯住宅で

被相続人が1階に居住し,
生計を別にする子が2階に居住している場合

被相続人と同居していた親族がいないとみなされた場合

賃貸アパートに住んでいる

いわゆる 家なき子が取得した場合でも

小規模宅地の適用が受けられる可能性があります。

しかし被相続人の配偶者が老人ホームに入居している場合には,同居とみなされるので,家なき子の特例は適用されません

税理士顧問料3年間50%OFF

期間限定 顧問料3年間50%OFF

税理士を変更される方、現在お支払いの報酬を50%減額で
顧問させていただきます。

例えば年間100万円税理士に払っていれば50万円で

80万円税理士に払っていれば40万円で
お引き受けいたします。

申し込みが
殺到した場合、締め切らせていただくため、期間限定ですが
3年経過後も、急激な値上げするつもりもありませんので
ご安心ください。

条件:売上高 年間4億円以下の法人様に限定させていただきます。
年間売上が4億円を超えた場合には、
その時点で顧問料の改訂をお願い致します
(消費税の課税が複雑になるためです)
:当事務所に年3回以上ご足労いただける方、
書類を郵送可能な方、
メール等にファイルの添付のやり取り可能な方
弥生会計に入力可能な方、
TKCのソフトなど他の会計ソフトをお使いの方は
入力は弥生会計の方が簡単で短期間に済むと思われますのでご安心ください。初期設定は当方で致します。
弥生会計ソフトも無料で差し上げます。
申告書は税理士が責任をもって作成押印しますが、
不明な取引がある場合、領収書など書類の整理ができていない場合等には,
お断りすることもありますのでご了承ください。

4億円をこえるお客様は別途お見積させていただきます。
税務調査の時には税務調査に強いと思われる税理士が責任をもって立ち会いますので、
税務調査時には1日5万円の立会費用を申し受けます。
税務調査時以外には基本的に、訪問は致しませんが。
ご来所頂いた際には、税理士本人が必ず対応し税金、業績について詳しく解説いたします。
事務員では物足りないと思っている方には最適です。
関東近辺
(埼玉、東京、神奈川千葉はもとより群馬茨木栃木長野静岡)
の方であれば
お引き受けいたします。
埼玉県に立ち寄ることができる方は、便利かと思われます。
 


相続税申告書作成、分割協議等の相談の報酬料金について
日経新聞等の報道によりますと、
平均的な税理士の相続税申告の報酬は
遺産の総額の1%といわれています。
当事務所はそれに比較して半額程度の金額で、
お引き受けいたします
お気軽にご相談下さい。048(648)9380

お問い合わせ

 

ご相談はこちらから受け付けています。→048(648)9380
まずはお電話でお気軽にご相談下さい。
その際「ホームページを見た」とおっしゃっていただければスムーズです。
お電話で概要をお伺いいたします、日時を決めていただき
面談させていただきます。

 電話048(648)9380まで お気軽にご相談下さい
税理士会計事務所は、中小企業庁から認定された、経営革新支援機関です。
所長 税理士 行政書士 堤友幸
関東信越税理士会大宮支部 日本税理士会連合会会員
TKC埼玉県さいたま中央支部日本行政書士連合会会員  .
税理士略歴 税理士略歴
埼玉県さいたま市大宮税理士会で調査研究部員、
学術研究部員を歴任
TKC埼玉県さいたま中央支部にて理事、委員長を経験
さいたま商工会議所、大宮区商工振興委員を歴任
埼玉県税理士会会報に、論文の掲載実績があります。
税務調査の経験も豊富で、実績、豊かな税理士です。 .
当事務所は、税理士開業以来25年にわたり
埼玉県さいたま市で
埼玉県東京などの地域の皆様にお役に立てるよう
努力してまいりました。
今後も会社顧問税理士、相続税のご相談など
皆様のお役に立てるよう、
格安料金と高品質税理士業務の両立を目指して
努力していく所存です。
お気軽にご相談下さい。
048(648)9380お気軽にご相談下さい。
相続税に詳しい税理士が直接対応いたします・
次のようなお悩みをお持ちの方ぜひご相談下さい
□相続税に強い税理士でないと心配だという方
□大手の税理士事務所は、誰が対応するか分からないから不安という方
□ 色々な税理士事務所のホームページを見たけど、
料金がいくらかかるか不安な方
□ 相続税の申告書が送られてきたけれど、何もしていないという方
□ 相続税がいくらかかるのか早く知りたいという方
□不動産の登記についても、相談したい方

内容開示

(贈与税の申告内容の開示請求書の記載事項等)

第二十九条 施行令第二十七条第一項に規定する財務省令で定める事項は、次に掲げる事項とする。

一 施行令第二十七条第一項に規定する開示請求書(以下この条において「開示請求書」という。)を提出する者(以下この条において「開示請求者」という。)が法第四十九条第一項の規定により同項に規定する相続又は遺贈により財産を取得した他の者(第三号において「他の共同相続人等」という。)について開示の請求をする旨及び当該請求をする理由

二 開示請求者の氏名、住所又は居所及び個人番号(個人番号を有しない者にあつては、氏名及び住所又は居所)並びに当該相続に係る被相続人との続柄

三 当該請求の対象とする他の共同相続人等(第四項において「対象共同相続人等」という。)ごとの氏名、住所又は居所及び当該被相続人との続柄

四 法第四十九条第一項に規定する被相続人の氏名及びその死亡の時における住所又は居所並びにその死亡の年月日

五 その他参考となるべき事項

2 前項の規定にかかわらず、法第二十一条の十七又は第二十一条の十八の規定により納税に係る権利又は義務の承継をした者が法第四十九条第一項の規定により開示の請求をする場合における前項の財務省令で定める事項は、同項第一号及び第三号から第五号までに掲げる事項のほか、次に掲げる事項とする。

一 法第二十一条の十七第一項又は第二十一条の十八第一項の規定により納税に係る権利又は義務を承継された者の氏名及びその死亡の時における住所又は居所並びにその死亡の年月日並びにその者が法第四十九条第一項に規定する被相続人に係る相続時精算課税適用者であつた旨

二 当該承継をしたすべての者の氏名、住所又は居所及び個人番号(個人番号を有しない者にあつては、氏名及び住所又は居所)並びに前号の承継された者との続柄

3 前項に規定する承継をした者が二人以上ある場合には、開示請求書の提出は、これらの者が一の開示請求書に連署して行うものとする。

4 施行令第二十七条第一項に規定する財務省令で定める書類は、対象共同相続人等ごとの次の各号に掲げる場合の区分に応じ、当該各号に定める書類とする。

一 対象共同相続人等が第一項第四号の被相続人の相続人である場合 イに掲げる書類又はロ及びハに掲げる書類

イ 財産の分割の協議に関する書類(当該書類に当該相続に係るすべての共同相続人及び包括受遺者が自署し、自己の印を押しているものに限る。)の写しその他の書類で当該対象共同相続人等が当該被相続人から相続により財産を取得していることを証する書類

ロ 戸籍の謄本又は抄本その他の書類で当該対象共同相続人等が当該被相続人の相続人であることを証する書類

ハ 当該被相続人から相続又は遺贈により取得した財産の全部又は一部が共同相続人又は包括受遺者によつてまだ分割されていない旨を記載した書類

二 対象共同相続人等が第一項第四号の被相続人の受遺者である場合 遺言書の写しその他の書類で当該対象共同相続人等が当該被相続人から遺贈を受けたことを証する書類

三 対象共同相続人等が第一項第四号の被相続人の推定相続人であつた場合(当該対象共同相続人等が相続又は遺贈により財産を取得している場合を除く。) 戸籍の謄本又は抄本その他の書類で当該対象共同相続人等が当該被相続人の推定相続人であつたことを証する書類

5 施行令第二十七条第二項に規定する財務省令で定める書類は、次の各号に掲げる場合の区分に応じ、当該各号に定める書類とする。

一 開示請求者が第一項第四号の被相続人に係る相続時精算課税適用者であり、かつ、法第四十九条第一項に規定する相続又は遺贈により財産を取得しなかつた場合 当該開示請求者が当該被相続人に係る相続時精算課税適用者であることを明らかにする書類

二 前号に掲げる場合以外の場合 次に掲げるいずれかの書類

イ 前号に定める書類

ロ 財産の分割の協議に関する書類(当該書類に当該相続に係るすべての共同相続人及び包括受遺者が自署し、自己の印を押しているものに限る。)の写しその他の書類で開示請求者が第一項第四号の被相続人から相続により財産を取得していることを証する書類

ハ 戸籍の謄本又は抄本その他の書類で開示請求者が第一項第四号の被相続人の相続人であることを証する書類及び当該被相続人から相続又は遺贈により取得した財産の全部又は一部が共同相続人又は包括受遺者によつてまだ分割されていない旨を記載した書類

ニ 遺言書の写しその他の書類で開示請求者が第一項第四号の被相続人から遺贈を受けたことを証する書類

6 第二項に規定する場合における施行令第二十七条第二項に規定する財務省令で定める書類は、前項に掲げる書類のほか、戸籍の謄本又は抄本その他の書類で第二項第一号の納税に係る権利又は義務を承継された者のすべての相続人を明らかにする書類とする。

7 施行令第二十七条第四項第三号に規定する財務省令で定める場所は、開示請求者の開示請求書を提出する時において当該開示請求者が次に掲げる場合のいずれに該当するかに応じ当該各号に定める場所とする。

一 法の施行地に当該開示請求者の住所がある場合 当該住所地

二 法の施行地に当該開示請求者の住所がなく、居所がある場合 当該居所地

三 法の施行地に当該開示請求者の住所及び居所がない場合 麹町税務署の管轄区域内の場所

]]]]> ]]>

平成30年改正

(平成30年改正法附則による特定居住用宅地等に係る経過措置について)

69の4‐22の2 所得税法等の一部を改正する法律(平成30年法律第7号。以下69の4‐22の2及び69の4‐24の8において「平成30年改正法」という。)附則第118条第2項《相続税及び贈与税の特例に関する経過措置》に規定する経過措置対象宅地等(以下69の4‐22の2において「経過措置対象宅地等」という。)については、次の経過措置が設けられていることに留意する。
(1) 個人が平成30年4月1日から平成32年3月31日までの間に相続又は遺贈により取得をした経過措置対象宅地等については、措置法第69条の4第3項第2号に規定する親族に係る要件は、同号イからハまでに掲げる要件のいずれか又は平成30年改正法による改正前の措置法第69条の4第3項第2号ロに掲げる要件とする。
(2) 個人が平成32年4月1日以後に相続又は遺贈により取得をした財産のうちに経過措置対象宅地等がある場合において、同年3月31日において当該経過措置対象宅地等の上に存する建物の新築又は増築その他の工事が行われており、かつ、当該工事の完了前に相続又は遺贈があったときは、その相続又は遺贈に係る相続税の申告期限までに当該個人が当該建物を自己の居住の用に供したときは、当該経過措置対象宅地等は相続開始の直前において当該相続又は遺贈に係る被相続人の居住の用に供されていたものと、当該個人は措置法第69条の4第3項第2号イに掲げる要件を満たす親族とそれぞれみなす。
(注)
1 経過措置対象宅地等とは、平成30年3月31日に相続又は遺贈があったものとした場合に、平成30年改正法による改正前の措置法第69条の4第1項に規定する特例対象宅地等(同条第3項第2号に規定する特定居住用宅地等のうち同号ロに掲げる要件を満たすものに限る。)に該当することとなる宅地等をいうことに留意する。
2 「工事の完了」とは、新築又は増築その他の工事に係る請負人から新築された建物の引渡しを受けたこと又は増築その他の工事に係る部分につき引渡しを受けたことをいうことに留意する。
]]]]> ]]>

土地の評価単位事例

 


使用貸借により貸し付けられている土地は、 相続税では自用地として扱われますので、 自用地の宅地と 使用貸借の宅地が 同ーの相続人により取得された場合には、 合わせて評価する。 所有する宅地を自ら使用している場合 居住の用か、事業の用かにかかわらず、 全体を1画地の宅地として評価する。 上記事業の用に貸付が含まれれば 全体で評価することになろうが 自宅とアパート敷地が隣接している場合は 自用地と 貸家建付地は別に評価することになっている
駐車場用地については 自用地評価になるが 他者に駐車場として使用する権利を与えているので 利用区分が違うとも考えられる 宅地の一部を使用貸借により貸付けている場合 全体を1画地の宅地として評価するが この事例の場合 使用貸借でないので個別評価になるのであろうか?     ⇒利用区分の全体が自用地であると,認められれば, 地積規模の大きな土地となり, 大幅に減額することができます。 小規模宅地の適用については 孫の居住敷地以外は要件を満たせば適用がある 各利用区分ごとに居住用,貸付用,要件を判断します。 全体の面積を利用区分ごとに按分することになります。 このような場合 種々の見解がありますので 048(648)9380へお問い合わせください。 貸宅地 貸付先ごとに、それぞれを1画地の宅地として評価
貸家建付地 借家人が違う、貸家の棟ごとに1画地の宅地として評価  
別々の所有者から土地を借り入れ A建物を建設して借地権を設定し Bには構築物たる駐車場 を建築して賃借権を設定している場合 店舗とその利用者のための駐車場として 一体利用している場合には AB合わせて評価し それぞれ借地権、賃借権割合を乗じる。
自分の所有地等へ進入するための専用私道 私道としての評価は行わず、 宅地と併せて自用地としての評価になる
アパートに隣接する駐車場 別個に評価が原則 駐車場の契約が貸アパートと別契約でも、 駐車場のすべてがアパートの賃借人に賃借されるなどの場合に 全体を一区画として「貸家建付地」として評価できる
1画地の宅地を相続人が分割して取得した場合 相続財産は、その財産の取得者ごとに評価することになります。 取得者ごとにそれぞれを1画地の宅地として評価 無道路地、帯状地又は著しく狭あいな画地を創出する など その分割が著しく 不合理であると認められる場合に おける宅地の価額は、 その分割前の画地を「1画地の宅地」として評価

借地権または 定期借地権等の目的となっている宅地は、 貸付先が違う場合には それぞれ区分して1画地として評価する。
貸家建付地で貸家が数棟ある場合には、 原則として 各貸家の敷地ごとに 1画地として判定します。]]>

土地建物の名義変更のしかたは?

不動産(土地建物)の名義変更

所有権移転登記申請書(相続・遺産分割)法務局HP
http://houmukyoku.moj.go.jp/homu/content/001215873.pdf
法務局へ提出する書類

一般的に必要とされる書類です。

登記申請書に添付する書面(添付情報)は,
原本の添付が原則

□ 被相続人の生まれてから、お亡くなりになるまでの戸籍(除籍)謄本
□ 被相続人の住民票の除票
□ 相続人の戸籍謄本
□ 遺産分割協議書
□ 相続人の印鑑証明書・印鑑(実印)
□ 相続人の住民票
□ 代理権限証書(委任状)
固定資産税評価証明書(市区役所)
その他
登記申請用に作成した委任状,登記原因証明情報等)
や印鑑証明書等は,原本の還付をすることはできません
相続関係説明図」を
戸籍全部事項証明書(戸籍謄本),
除籍全部事項証明書(除籍謄本)等と一緒に提出された場合には,
登記の調査が終了した後に,
戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)等の原本をお返しすることができます
法務局HPより抜粋転載、一部省略http://houmukyoku.moj.go.jp/homu/minji79.html
 
未登記の家屋については、
市区町村の税務課で家屋課税台帳名義人変更願


預貯金の名義変更の仕方

預貯金の名義変更で必要な書類
銀行に提出するもの例
□ 被相続人の戸籍(除籍)謄本
□ 相続人の戸籍謄本
□ 相続人の印鑑証明書・印鑑
□ 各銀行所定の払戻用紙や同意書等
□ 遺産分割協議書
□ 預金通帳及び証書


 

生命保険の請求に必要な書類の例

被相続人が契約者の保険で
受取人が請求する場合
 
□ 各保険会社所定の名義変更請求書
兼改印届
□ 被相続人の戸籍(除籍)謄本
□ 相続人の戸籍謄本
□ 相続人の印鑑証明書・印鑑
□ 保険証券
その他
 
トップへ戻る