免税事業者も, 8%,10%に区分けした 領収書・請求書

このエントリーをはてなブックマークに追加
免税事業者も, 8%,10%に区分けした 領収書・請求書を出さなければいけない。 準備 を早めに始めないと間に合わない。 2019年10月から 複数税率で, インボイスが導入される。 控除要件について。 2019年10月から 2023年9月までの 4年間は, 区分記載請求書等保存方式で, 2026年10月からは 適格請求書等保存方式になる。 2026年10月から, 適格請求書等保存方式 (インボイス制度) の導入に伴い, 売上税額と仕入税額の計算方法は, 以下のようになる。 原則 特例 売上税額 割戻計算 積上計算 仕入税額 積上計算 割戻計算 インボイス導入後は, 売り手から買い手に向かって インボイスを発行することになる。 自分の発行する領収書・請求書に, インボイスナンバーと 税額が 記載されることになる。 売上税額は割戻計算を原則としながらも, 積上計算も認める 大きく変わるのが仕入税額の計算である。 2023年10月からは インボイスの保存が絶対条件になる。 インボイスには 相手が負担する税額が書いてあるので, 2023年10月からは 仕入税額は 積上計算が原則となってくる。 仕入税額の計算方法は 原則積上計算としながらも, 特例で割戻計算を認めている。 積上計算と割戻計算では, 割戻計算のほうが有利になる。 一つ一つ切り捨てにした税額より, まとまった金額を割り戻したほうが, 仕入税額が増えるからだ。 仕入税額で割戻計算を適用するときは, 売上税額も割戻計算をする必要がある。 方法を合わせる必要がある。
    ]]>