軽減税率の適用対象となる  新聞

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

【適用税率の判断に迷う

 

新聞の例】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

標準税率(10%)が

 

適用されるもの

 

 

軽減税率(8%)が

 

適用されるもの

 

 

新聞の譲渡

 

 

・駅・コンビニエンスストア

 

等で販売するもの

 

・電子新聞(役務の提供)

 

・週1回しか発行されないもの

 

 

・定期購読契約がされた

 

週2回以上

 

配達する

 

スポーツ新聞や

 

業界紙など

 

 

 

 

 

 

『定期購読契約がされた

 

週2回以上

 

配達する新聞』

 

のみが、

 

軽減税率の適用対象

 

となる。

 

 

 

そのため、

 

一般日刊新聞でも

 

・駅

 

・コンビニエンスストア

 

等で販売するものは、

 

標準税率が適用される。

 

 

 

電子新聞に関しても、

 

役務の提供であるので、

 

標準税率が適用される。

 

 

 

また、

 

新聞販売店は、

 

新聞を仕入れて売るので

 

本社から10%で仕入れた新聞を

 

8%で売ることになる。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です