簡易課税,納税免除を適用できない場合

このエントリーをはてなブックマークに追加

取得の年に一般課税方式を採用している場合で

取得の事業年度から3年間は一般課税方式によらなければ
ならない場合

課税事業者を選択した事業年度に
調整対象固定資産

(税抜価額)が100万円以上のもの)
を取得した場合


高額特定資産

(税抜価額)が1,000万円以上の

棚卸資産または調整対象固定資
産)を取得した場合

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です