消費税簡易課税のみなし仕入率の改正

このエントリーをはてなブックマークに追加
簡易課税制度のみなし仕入率の見直し
平成27年4月1 日以後に開始する課税期間から、
簡易課税制度のみなし仕入率について、
改正前の
第4種事業のうち、
金融業及び
保険業を
第5種事業とし、
そのみなし仕入率を50%
(改正前は60%)とする

改正前の第5種事業のうち、
不動産業を第6種事業とし、
そのみなし仕入率を40%(改正前は50%)とする

27年の個人の
消費税の課税期間は
1月1~12月31日
ですので

27年4月以降に
中途開業した場合でも
消費税申告においては、
従来のみなし仕入れ率が適用される。
ものと思われる。