国外中古建物の不動産所得に係る損益通算等の特例

このエントリーをはてなブックマークに追加

令和3 年以後の各年において、国外中古建物から生ずる不動産所得
を有する場合においてその年分の不動産所得の金額の計算上

国外不動産所得の
損失の金額があるときは、その国外不動産所得の損失の金額のうち国外中古建
物の償却費に相当する部分の金額は、所得税に関する法令の規定の適用につい
ては、生じなかったものとみなす。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です