先代経営者が株式をすべて保有している場合、 特例事業承継税制による 贈与税の納税猶予の適用を受けるためには?

このエントリーをはてなブックマークに追加

特例者が1人の場合には、

特例後者の保有株数が

総株主等議数の

32達するま

一括て贈与しなければりませ

また、

例後継者が3人以内の複数の場合には、

いずれの特例経営承継受贈者

(特例後継者)

与後の保有株式も

総株主等議決権数の10%以上で

つ、

ずれの特例経営承継受贈者の

贈与後の保有株式数も

特例贈与者

(先代経営者)

贈与後の

保有株式数を超えていなければなりません。

 

1.後継者が1人の場合

(1 )特例経営承受贈者が

る株式等

合計3分の2までは一括贈

 


 

後継者がすでに保有している株式等と合して

 

3分の2に達するまで

 

株式等を一括して贈与することを条件に

贈与税の納税猶予の適用が認められています


3分の2を超える部分は

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です