住宅の貸付の非課税範囲の見直し令和2年4月1日以後の住宅の貸付

このエントリーをはてなブックマークに追加

契約において貸付けに係る用途が明らかにされていない場合であっても、

その貸付け等の状況からみて

人の居住の用に供されていることが明らかな場合については、

消費税を非課税とする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です